認知症と物忘れの違い

認知症と物忘れの違い

 

最近はよく認知症とかアルツハイマーという言葉を見かけるようになりました。施設に入って子供のこともわからなくなってしまったというような映像がテレビでも映されたりしますが、「もの忘れ」と「認知症」は違うということを知っておくことがまず大切です。

 

 

認知症は、その原因によってアルツハイマー型や脳血管性などに分かれますが、これらは簡単に言うと神経細胞が壊れるために起きるものです。

 

例えば、骨折したり肉離れを起こせば、それを修復するために病院で治療をしてもらうように、病気という位置づけになります。それに対して、もの忘れは老化による衰えで、筋肉疲労が起きやすいとか反応が鈍くなったということと同じだと考えると、病気と老化の違いがイメージしやすいでしょう。

 

 

いろんなチェック項目がありますが、認知症は「忘れてしまっていること自体を忘れている、つまりもの忘れの自覚がそもそもない」、それに対して、もの忘れは「もの忘れを心配になっている」ということでも判断できるでしょう。

 

 

アルツハイマー型認知症

 

脳にアミロイドβやタウといったタンパクが蓄積されることで、神経細胞が破壊されていき、神経を上手く伝えることができなくなってしまいます。それに伴い脳の萎縮が進み、記憶障害、判断力低下が起こり、症状が進むと徘徊などの周辺症状も起きてきます。

 

 

脳血管性認知症

 

脳梗塞やくも膜下出血などの脳の血管の病気によって血管が詰まることで、脳に酸素が行き渡らなくなり、神経細胞が死んでしまいます。脳の血管の障害が原因となる認知症で、アルツハイマー型認知症に次いで多い認知症です。

 

 

レビー小体型認知症

 

レビー小体と呼ばれるタンパク質が脳の大脳皮質や脳幹にたくさん集まることで、神経細胞が破壊されていきます。それによって神経伝達が上手くできなくなる男性に多いタイプの認知症です。